2021/05/14 4:09:50 PM
ホーム ソリューション MORAT GW - FA機器の制御を実現するゲートウェイ

MORAT GW – FA機器の制御を実現するゲートウェイ

MORAT GW(MOdbus to Rest Api Transfer GateWayの略) は市販のFA機器を用いてクラウドによるセンシング・コントロールを実現するIoTゲートウェイです。

MORAT GW – FA機器の制御を実現するゲートウェイ

ソリューションの特長

  • 産業機器で多く使われているModbus RTU規格を使用してデータを収集・制御
  • データ収集や解析、制御はすべてクラウド側で行うため設置後の機能拡張や制御ロジックの変更が容易
  • MORAT GWとクラウド間の通信にはSORACOM Airを使用。携帯電話網の電波が受信できるところならどこでも設置可能
  • 閉域網サービスも利用可能で、閉域網下でのデータ送受信やセキュアなリモート接続によるMORAT GWの設定変更などにも対応

仕組み

Modbus RTUに対応した各種センサーからMORAT GWを介してクラウドでデータを収集し、同じくModbus RTUに対応した各種アクチュエーターの制御をクラウド上で行います。また、クラウド上で収集したデータの可視化も可能です。

MORAT GW 接続概念図

ユースケース

MORAT GWを用いて、電力を高圧受電している工場などで電気の使いすぎを監視・自動制御する仕組みである「電力デマンドコントロール」に活用できます。これまでの電力デマンドコントロール機器に比べ、非常に低コストで同等以上の機能を実現可能です。

MORAT GWによる電力デマンドコントロールシステムのデモ動画

ソリューション情報

ソリューションベンダー株式会社KYOSO
ソリューション名MORAT GW
MORAT GWの主な動作仕様電源:DC10-48VまたはAC100V(付属のACアダプタ)
動作温度:-20℃〜+60℃
動作湿度:20%〜80%Rh(結露なきこと)

人気記事

「キーチェッカー」ビーコン版 – 鍵の本数の点検・持ち出し・返却を自動で記録

鍵管理システム「キーチェッカー」ビーコン版は鍵にビーコンを取り付け、保管場所にビーコン検知器を設置するだけ。鍵の捜索も可能です。 鍵をいつ持出し返却されたか、履歴や存在状況を無人でリアルタイムにチェックできます。鍵不在時にはアラート通知も行い、さらにお手持ちのスマートフォンとの連携により、近距離での鍵探知も可能です。 特長 データが改ざんできないから、安心できるワンタッチで簡単にレポート出力できるので、管理業務が削減できる巡回者が使用するリーダーの操作が簡単端末が軽いから、巡回員の巡回時の負荷が下がる IC タグが半永久的に使用でき、管理の煩わしさがない 責任の所在が明確化されるため、巡回員任せの意識から施設管理者を含めたすべての方の意識向上につながる

「キーチェッカー」ICタグ版 – 鍵の本数点検時間を1/10に短縮

鍵管理システム「キーチェッカー」ICタグ版は鍵の存在確認点検(棚卸)の所要時間を人手の1/10に短縮し、短時間で確実に点検・記録します。鍵を誰が持ち出したか、存在状況や履歴の確認も行えます。これら全ての機能を低コストでご導入頂けます。 ソリューションの特長 大量の鍵の点検や貸出・返却が短時間で簡単に行えます。用途に応じて「ハンディ」と「据え置き」の2タイプをご用意。安価なICタグの利用で、導入費用が抑えられます。 多彩な拡張機能。(商品、機器の棚卸しなど) 仕組み

「パトラスト」スタンドアロン版 – 警備巡回の記録・報告書作成を超短時間で

「パトラスト」スタンドアロン版は警備巡回の記録・報告書作成が超簡単な操作で行えます。記録は絶対に改ざん不可能で高い信頼性の巡回記録を保証致します。 またリーダー重量も100gと巡回記録システムの中では世界最軽量で警備員様の負担も軽減します。 ICリーダーが小型ICリーダーはペン型で100g程度。ポケットに入り、片手で操作が可能です。巡回報告書はボタンひとつで出力巡回記録はデータ化されているので改ざんを防ぐことができます。導入はICタグとリーダーを用いるだけとても簡単です。ICリーダーが日本製日本で製造・保守をしているので壊れたときも安心! 仕組み 担当者(警備員など)がICタグリーダーを持ち歩き、 施設の巡回ポイントに張り付けられたICタグをリーダーで読み取る事によって巡回実施実績が自動で記録されます。また、そのデータをもとに巡回実績も自動で作成されます。

「パトラスト」スマートフォン版 – スマホで施設の巡回記録・報告書作成を超短時間で

巡回記録をICタグとスマートフォンを使用し、簡単にリアルタイムで取得・報告する事が可能です。リアルタイムにデータ送信を行いますので改ざんは一切出来ません。依頼元様にもデータを閲覧頂けますので毎日報告する手間も省けます。 スマートフォンをタグリーダーとして使用可既存のスマートフォンを利用でき、導入コストを抑えられます。巡回報告書はボタンひとつで出力巡回記録はデータ化されているので改ざんを防ぐことができます。導入はICタグとスマートフォンを用いるだけとても簡単です。 仕組み 担当者(警備員など)がICタグリーダー機能をもつスマートフォンを持ち歩き、 施設の巡回ポイントに張り付けられたICタグをスマートフォンで読み取る事によって巡回実施実績が自動で記録される。また、そのデータをもとに巡回実績も自動で作成されます。

特集記事

バッテリレス漏水センサ

CLEAN-Boost® バッテリレス漏水センサは、電源を不要とし、水漏れした水から発電して無線で水漏れをお知らせするセンサです。バッテリや電源、通信配線の敷設工事が不要なので、工事に伴うコストや手間が省け、既存の建築物や施設・設備に簡便に設置することが可能です。大掛かりな工事の必要性から諦めていた既存施設の水漏れトラブルも早期発見が可能になります。 また、雨漏れや水漏れの有無を人の目によって確認していた定期点検も本バッテリレス漏水センサを使用頂くことで、省力化することが可能です。更に、電池交換の必要が無いためメンテナンスの省力化に貢献出来ます。 構成は、無線タグとセンサリボンを接続して使用します。

ヒューマンビジョンコンポ – “1人1人の位置”と”人数”を検出する

人数と位置を検出する事に特化した人感センサー。センシングアルゴリズムも内蔵しておりシステム構築も容易に実現します。 特長 "1人1人の位置"と"人数"を検出OKAO®Visionを活用し高精度を実現最大5mの高さ、7.2m×7.2mの検出エリア ※画像型人感センサ(HVC-F)のHVCはHuman Vision Components を表します。

CO2センサノード – 二酸化炭素濃度を計測する

CO2センサノード「SW-4230-1000」は、内蔵するセンサーでオフィスビルなどのCO2濃度を測定し、見える化が可能な無線センサーノードです。CO2濃度データをもとに空調設備の制御を行うことで、効率的な省エネが可能となります。 特長 CO2センサーを内蔵。計測データを無線ネットワークでホストに送信ワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入可能測定環境のCO2濃度に関わらず1日1回自動補正(NDIR方式)を行うため、メンテナンスの手間を低減設置する高度を入力する事により、設置高度の補正が可能(1~1,500m)※NDIR方式の場合、高度(気圧)により誤差を生じます。Modbus機器の制御や他センサーとの連携ミスター省エネシリーズの他センサー(電力、CO2など)と併用することで、データの相関関係が閲覧可能。また、Modbusノードとの連携で、空調機などの無線制御が可能 仕様

電力マルチトランスデューサ(子機) – 通信部、入出力部、電源部が一体となった 経済的なユニット

電力系統の1回路を接続するだけで、交流諸量の計測が可能です。920MHz帯特定小電力無線局子機を実装しています。特定小電力無線局は工事設計認証取得済みのモジュールを内蔵しており、国内電波法に基づく免許申請が不要で、日本国内のみ使用が可能です。Modbus-RTUプロトコル通信を使用し、特定小電力無線通信 にて入出力を接続するユニットです。 仕様 ■機器仕様 名称電力マルチトランスデューサ(子機)形式WL40W1-WTU接続方式・無線通信:SMA型同軸コネクタ・電圧入力:コネクタ形ユーロ端子接続 (適用電線サイズ:φ2.5以下 0.5~3.5mm 2 、 剥離長 7~8mm)・電流入力:ユーロ端子接続 (適用電線サイズ:φ2.4以下...

バッテリレス漏水センサ

CLEAN-Boost® バッテリレス漏水センサは、電源を不要とし、水漏れした水から発電して無線で水漏れをお知らせするセンサです。バッテリや電源、通信配線の敷設工事が不要なので、工事に伴うコストや手間が省け、既存の建築物や施設・設備に簡便に設置することが可能です。大掛かりな工事の必要性から諦めていた既存施設の水漏れトラブルも早期発見が可能になります。 また、雨漏れや水漏れの有無を人の目によって確認していた定期点検も本バッテリレス漏水センサを使用頂くことで、省力化することが可能です。更に、電池交換の必要が無いためメンテナンスの省力化に貢献出来ます。 構成は、無線タグとセンサリボンを接続して使用します。 特徴 バッテリレス、電源レスで電源工事が不要BLE(Bluetooth...

積層表示灯 LA6-POE(据置きタイプ) – ModbusやPoEに対応した積層表示灯

PoEでらくらく配線。自由に発光色の設定が可能な積層表示灯。 PoEによる電源供給/ネットワーク接続が可能で、PNS/PHN互換コマンド/HTTPによる制御、およびModbus/TCPでの制御が可能な積層表示灯。 特長 Bluetoothを採用コイン電池で長寿命稼働を実現 -...

OpenBlocks IoT VX2 – 堅牢・コンパクト・最先端のIoTゲートウェイ

筐体、CPU等のハードウェア性能、搭載ソフトウェア等、全てが最先端で、エッジコンピューティング等、様々な用途に使用することができるIoTゲートウェイです。 小型・ファンレス・堅牢な筐体設計 OpenBlocksシリーズの代名詞である超小型・超軽量・堅牢さを踏襲。筐体重量わずか約160gで壁面や天井等の空間への容易な設置が可能。さらに耐環境性能も向上し、様々な場所・用途での設置・運用が可能です。 高性能CPU・大容量ストレージ

PulsarGum TM-005004 – バッテリーフリーで “柔らかい” ビーコン

バッテリーフリーで“柔らかい”ビーコン 太陽光/照明光が当たるとビーコン信号(固有のID )を発信する機能を利用し、信号を受信する機器/ソフトウェアと組み合わせることで、ビーコン設置個所の識別やヒト/モノの導線管理、ナビゲーション等の様々なビジネスシーンを実現出来ます。 特長 照明光/太陽光で動く 防水のため屋外でも大丈夫 軽量で曲面にも貼り付け可 仕様

ロッカースイッチ 正方形型(ダブル) – 配線不要・電池交換不要

「センサの信頼性がソリューションの品質を高める。」世界から評価を受けたオプテックス・クオリティと信頼性をここに凝縮させています。 特長 電池交換不要・フリーレイアウト屋外でも使える防水対応洗練されたデザイン専業メーカーの高い信頼性 仕様 名称 ロッカースイッチ 正方形型(ダブル) 型番 CSW-S2-J...

IoTで牛の傷病兆候を検知 – 光和ネットサービス

牛の健康管理をするうえで大事な要素は反芻を監視するのが効果的で、一般的に牛は1日に6~10時間程度の反芻を行っているが、発情期や体調変化の前兆として反芻時間に極端な変化が現れる。特に出産前後二ヶ月は親牛の事故が多く、体調の変化によって出産ができなかったり、病気にかかってまうことが多いため、体調変化の前兆をいちはやく知る必要があり、IoT技術で牛の傷病管理ソリューションを構築した。 仕組み 牛の顎に振動発電ビーコンを取り付けることで、採食や反芻行動の際の顎の上下運動によってビーコン自身で発電を行い、電波を発する仕組みとなっている。また、ビーコン電波の受信機にIoTゲートウェイを設置し、そこからクラウドへデータを転送。担当者はタブレットやスマートフォンなどで牛の健康状態をリアルタイムで把握できるようになっている。

電力インフラで点検・巡視等の業務にIoT技術を活用 – 中部電力

高経年化した電柱等、設備の効率的な維持管理や、再生可能エネルギーの普及による電力の需給構造等、事業環境の変化に伴う課題があり、ICT/IoT技術や汎用機器を用いて、機器の稼働状態を常時監視し、点検業務の省力化を図る等、業務効率化・高度化を行った。 仕組み 従来、電柱にロガーを設置し、SDカードを作業員が持ち帰り、データ分析を行っていたが、電柱にIoTゲートウェイを設置し、クラウドにデータを集約、ゲートウェイをリモート管理することにより、効率化・高度化が実現。訪問コストの大幅な削減が実現。 電柱に設置されたIoTゲートウェイ

Society5.0の実現にむけたスマートハウスをIoT技術で構築 – 日立東大ラボ

社会課題解決と経済発展を両立する未来社会”Society 5.0”を実現する取り組みの中で、特に独居高齢者を想定した、センシングから見える化の先までも実現する次世代のスマートハウスの実現を目指している。スマートハウス構築の研究を進めるにあたり環境構築が急務であり、本番運用にもそのまま活用できることを目指した実験用模擬住宅を構築した。 仕組み 居住空間の温度や湿度のセンシングデバイス、ドアの開閉センサー、人感センサー等のデータをIoTゲートウェイで収集し、収集したデータはデータの蓄積・可視化が行えるオンプレミス型のサーバーを利用しており、インターネット環境が無い場所でも使える仕組みになっている。

街中の子どもや高齢者の見守りを実現するサービスを提供 – 阪神電気鉄道・アイテック阪急阪神

児童や生徒が被害者となる事件や、認知症高齢者の徘徊問題などが全国各地で増加しており、BLEビーコンの技術を通して子どもや高齢者の所在を常に把握することで、犯罪及び事故に遭遇するのを未然に防ぐための地域ぐるみの見守り体制を構築した。 仕組み 子どもや高齢者などの対象者にビーコンを身に付けてもらい、ビーコンが発する電波を、伊丹市内の電柱に設置されたビーコンの受信器がキャッチし、対象者がどの時間にどの場所付近にいたかを保護者が把握する事が出来るようになった。