2020/07/07 5:15:00 午前
タグ 加速度センサー

Tag: 加速度センサー

マルチセンサーユニット – 1台で温度・湿度・加速度・人感を検知するSmartHop対応ユニット

本製品は「沖電気工業製920MHz帯マルチホップ無線(SmartHop)通信モジュール」「温湿度センサ」「加速度センサ」「人感センサ」を搭載したマルチセンサーユニットです。 従来のように、測定対象ごとに機器を用意せずとも、本製品があれば1台で温度・湿度・加速度・人感(人の動きの検知)を測定することができます。また、測定されたデータはSmartHopで収集可能なため、無線LAN(2.4GHz帯)の電波が直接届かないような場所でもご利用いただけます。ビルや工場におけるデータ収集、介護施設における見守りなどの用途に最適です。 仕様 名称マルチセンサーユニットメーカーアドバリーシステム型番ATM-MH920P(量産ケース収納タイプ)センシング温度/湿度/加速度/人感通信規格SmartHopIoTゲートウェイソフトウェア対応バージョンFW4.x : Ver. 4.0.0以上に対応FW3.x : Ver....

μPRISM 外部電源タイプ – 超小型IoTセンサーモジュール

7種類のセンサーとBluetoothを搭載した、超小型IoTセンサーモジュールです。専用のアプリをスマホにインストールするだけで簡単に使い始められます。もちろんμPRISMを使った開発も可能です。 仕様 ※ビーコンモードのみ対応 名称 μPRISM外部電源タイプ メーカー エレックス工業 型番 EDAMP-4NA101 センシング 加速度/地磁気/温度/湿度/気圧/照度/UV 通信方式Bluetooth 4.0(LE)加速度センサXYZ3軸計測範囲/分解能(設定により変更可能):±2G/0.98mG±4G/1.95mG±8G/3.91mG±16G/7.81mG...

μPRISM 電池内蔵タイプ – 超小型IoTセンサーモジュール

7種類のセンサーとBluetoothを搭載した、超小型IoTセンサーモジュールです。専用のアプリをスマホにインストールするだけで簡単に使い始められます。もちろんμPRISMを使った開発も可能です。 仕様 ※ビーコンモードのみ対応 名称 μPRISM電池内蔵タイプ メーカー エレックス工業 型番 EDAMP-2BA101 センシング 加速度/地磁気/温度/湿度/気圧/照度/UV 通信方式Bluetooth...

環境センサ USB型 – 温度・湿度・照度・気圧・騒音・加速度・VOCに無線がついた複合型環境センサー

オムロンの環境センサは、温度、湿度、照度、UV、気圧、騒音、加速度、VOCを計測するセンシング機能と無線通信機能を搭載した超小型の複合型センシングコンポーネントです。 特長 6種類のセンサと無線機能、電池を搭載BLEビーコン通信採用により、1対n通信のセンサネットワークを容易に構築可能メモリ内蔵により、データの欠損防止アプリケーション例家居住空間のモニタリング熱中症の予防、対策大切な方の見守り快適な睡眠の準備に屋外熱中症、UV強度のアラート天候の変化をキャッチオフィスオフィスのモニタリング快適な職場環境の維持に工場作業環境の最適化に 仕様 名称 環境センサ USB型 型番形2JCIE-BU01電源電圧5V(USB給電)測定機能温度、湿度、照度、気圧、騒音、3軸加速度*1、eTVOC*2通信方式Bluetooth? low...

Bluetooth Smartセンサービーコン

加速度センサーと温度センサーを内蔵したBluetooth Smart対応のビーコンです。 特長 温度センサーと加速度センサーを内蔵温度およびビーコンを取り付けた製品の傾きを測定できます。設定により2種類のセンサーデータ出力モードFujitsu Component Data Communication (FDC)*経由任意の間隔でセンサーデータを定期的に出力します。*当社独自データ送信プロファイルです。FDCはモジュールに標準装備されています。Sensor Value Characteristic*利用センサーモジュール内に保存したデータを、セントラル機器で読み出します。Sensor Value Characteristicは、Bluetooth SmartのGATT仕様「Characteristic」にデータを保存しセントラル機器に読みだしてもらうための方法で、当社独自の名称です。ボタン操作で3種類のビーコン動作モードを選択可能ペリフェラルモードセントラル機器と接続し、センサーデータ送出ができるモードです。ペリフェラルモード(リモートコマンド許可)ペリフェラルモードと同じ動作ですが、リモートコマンドモードでも接続することができます。リモートコマンドモードでは、各種コマンドにより本ビーコンの設定変更が可能です。リカバリーモードビーコンを初期設定に戻すことができます。コイン型リチウム電池による長期動作コイン形リチウム電池(CR2450)を使用し、FDC経由でコネクションインターバルを1秒とした場合6か月以上、Sensor Value Characteristic利用の場合12か月以上の動作が可能です。LEDによる状態表示LEDインジケータにより状態確認ができます。主なアプリケーションセンサービーコンを使った状態監視(物流管理・介護サービス)、IoTプラットフォームのフロントデバイス

センサネットワークモジュール 開発キット – IoTを手軽に実現できる

モーションデータとともに、気圧、温度、湿度、照度などの環境データを取得。低消費電力通信のBluetoothで通信を行うセンサネットワークモジュールです。幅広い業務でIoTを実現できます。 特長 Bluetoothを採用コイン電池で長寿命稼働を実現 - 全センサを1分毎に計測した場合、電池寿命は1年マイコンを搭載きめ細かなセンサ制御も実現、低消費電力にも貢献多彩なセンサを搭載気圧、温湿度、UV/照度、6軸センサー (加速度・地磁気)小型内蔵モジュール高密度実装で18.5 x 5.6 x 3.4mmを実現。ウェアラブル用途にも最適 仕様

街のあらゆる環境情報をすみずみまで測定・データ収集 – 慶應義塾大学

藤沢市ではPM2.5をはじめとするさまざまな市内の環境情報をホームページにて公開しているが、藤沢市内に導入されている大気汚染物質の測定器は4箇所にしかなく、測定器から距離の離れている住民に対してより多くの情報提供を行いたいという課題があった。 市内の様々な場所を通り、かつ定期的に走るごみ収集車にセンサーを取り付け、市内の環境情報をセンシングする仕組みを導入。 仕組み ごみ収集車の上部にPM2.5、紫外線、照度、温度、湿度、排気ガス、気圧などの環境センサーをのせ、ごみ収集車が走行している際に環境情報をセンシングす。それらのデータをIoTゲートウェイの3G通信で慶應大学のサーバーへ送信する仕組みだ。GPS情報も付加しているため、街のすみずみまで環境情報のデータが収集できる。

人気記事

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した年度を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が向上に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきました。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

おすすめ

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した年度を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が向上に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきました。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

業界ニュース

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した年度を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が向上に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきました。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様