2020/09/21 9:17:54 PM
タグ アルプスアルパイン

Tag: アルプスアルパイン

センサネットワークモジュール 開発キット – IoTを手軽に実現できる

モーションデータとともに、気圧、温度、湿度、照度などの環境データを取得。低消費電力通信のBluetoothで通信を行うセンサネットワークモジュールです。幅広い業務でIoTを実現できます。 特長 Bluetoothを採用コイン電池で長寿命稼働を実現 - 全センサを1分毎に計測した場合、電池寿命は1年マイコンを搭載きめ細かなセンサ制御も実現、低消費電力にも貢献多彩なセンサを搭載気圧、温湿度、UV/照度、6軸センサー (加速度・地磁気)小型内蔵モジュール高密度実装で18.5 x 5.6 x 3.4mmを実現。ウェアラブル用途にも最適 仕様

IoTとディープラーニングで環境モニタリング・予測 – 両毛システムズ

昨今顧客の関心が向けられているIoTやAI(人工知能)、ビッグデータなどの先端技術に対する理解を深めるため、環境モニタリングシステムを考案。屋内外に設置されたIoTゲートウェイと各種センサーを通して、温度・湿度をはじめとする環境項目のモニタリング・データ収集・可視化を行った。 仕組み 屋内外に設置した各種センサーが取得した環境データを、IoTゲートウェイを介してクラウド上でデータ蓄積・可視化したほか、収集したデータを基にディープラーニングを利用した環境情報の予測も併せて行った。また収集データや予測値を受付のインフォメーションパネルに表示させたため、来社した顧客に対する技術力のアピールにも繋がった。 上:OpenBlocks IoT...

街中の子どもや高齢者の見守りを実現するサービスを提供 – 阪神電気鉄道・アイテック阪急阪神

児童や生徒が被害者となる事件や、認知症高齢者の徘徊問題などが全国各地で増加しており、BLEビーコンの技術を通して子どもや高齢者の所在を常に把握することで、犯罪及び事故に遭遇するのを未然に防ぐための地域ぐるみの見守り体制を構築した。 仕組み 子どもや高齢者などの対象者にビーコンを身に付けてもらい、ビーコンが発する電波を、伊丹市内の電柱に設置されたビーコンの受信器がキャッチし、対象者がどの時間にどの場所付近にいたかを保護者が把握する事が出来るようになった。

人気記事

IoT用途の効果検証に – ka-Shika

株式会社エヌエステックは、最低限の費用でIoT導入効果を測ることができるキット「ka-Shika(カシーカ)」を開発。センサー、IoTゲートウェイ、サーバーをすべてキッティングしており、購入後は遠隔でセンサーデータをモニターするなど、すぐにIoTの実証実験が可能です。 仕組み ka-Shika BT BLEセンサー標準キット ka-Shika EO EnOceanセンサー標準キット 温湿度センサー、CO2センサー等各種センサーを複数配置し、遠隔で監視することが可能。その他、大気圧センサー、照度センサー、人感センサーなど、様々なセンサーに対応しています。

パルスカウントノード – ガス、水道、電力等から出力されるパルスを検出

SW-4240 は電力センサ等のパルス出力をする機器に接続することで電力、水道、ガスなどのパルスデータをカウントできます。電池での長時間連続稼働が可能となり、電源のない場所でも設置できます。 特長 多様なメーターに対応 (電力、水道、ガス、その他汎用)バッテリー駆動で長寿命を実現(約10年)設置が自由な電池駆動かつワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入できます。カウント入力を2回路搭載マルチホップ・中継機能で広範囲通信が可能ルーター(中継器)を活用した広範囲通信や、複数ルートでの安定した通信を行うことができます。

パルスピックセンサーノード – デマンド監視を無線で簡単・低コストに

デマンド監視等を目的に、キュービクル内などに設置された発信装置付電力量計のサービスパルス(電流パルス)から電力量を計測する場合、従来は「パルスカウントノード」を使用していましたが、「パルスカウントノード」では電流パルスを直接計測できないため、電流パルスを電圧パルスに変換するための装置(パルス変換器もしくはパルス検出器)が必要でした。また、変換装置はバッテリー駆動ではなく、外部電源を用意する必要があるため、電源工事の煩わしさが伴いました。 このような課題に応えるため、「パルスカウントノード」の回路にパルス変換回路を組み込み、サービスパルスを直接計測できる「パルスピックセンサーノード」として新たに製品化いたしました。 特長 ワイヤレスで発信装置付電力量計(計量器)の電力量を計測可能発信装置付電力量計のサービスパルス(50,000パルス/kWh)に対応バッテリー駆動かつパルス変換装置内蔵のため、設置時に電源工事が不要CT(カレントトランスフォーマー)を使用して接続するため、取引計器のパルス回路に影響を与えないミスター省エネの無線センサーネットワークによる、イーサネットなどを介した遠隔での監視が可能920MHz帯無線を使用しているため、電波の到達距離が長く、障害物に強いミスター省エネの既存製品群と組み合わせて使用可能※本製品による「電力・デマンド監視」に加え、既存のセンサー(温度、湿度、照度、CO2、電力量ノード等)による「環境センシング」や、パルスカウント、Modbusノードによる「設備の監視・制御」などが可能です。

Modbus/RTUノード – Modbus機器を無線で制御

Modbusプロトコルを有する各種機器と接続。無線ネットワーク経由での空調機等の無線制御や、RS-485の無線化が可能になります。 特長 2通りのホストとの接続方法に対応Ethernetベースから制御する(ホストからはModbus/TCPで送受信)Modbusマスタから制御する (ホストからはModbus/RTUで送受信) 仕様

おすすめ

IoT用途の効果検証に – ka-Shika

株式会社エヌエステックは、最低限の費用でIoT導入効果を測ることができるキット「ka-Shika(カシーカ)」を開発。センサー、IoTゲートウェイ、サーバーをすべてキッティングしており、購入後は遠隔でセンサーデータをモニターするなど、すぐにIoTの実証実験が可能です。 仕組み ka-Shika BT BLEセンサー標準キット ka-Shika EO EnOceanセンサー標準キット 温湿度センサー、CO2センサー等各種センサーを複数配置し、遠隔で監視することが可能。その他、大気圧センサー、照度センサー、人感センサーなど、様々なセンサーに対応しています。

パルスカウントノード – ガス、水道、電力等から出力されるパルスを検出

SW-4240 は電力センサ等のパルス出力をする機器に接続することで電力、水道、ガスなどのパルスデータをカウントできます。電池での長時間連続稼働が可能となり、電源のない場所でも設置できます。 特長 多様なメーターに対応 (電力、水道、ガス、その他汎用)バッテリー駆動で長寿命を実現(約10年)設置が自由な電池駆動かつワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入できます。カウント入力を2回路搭載マルチホップ・中継機能で広範囲通信が可能ルーター(中継器)を活用した広範囲通信や、複数ルートでの安定した通信を行うことができます。

パルスピックセンサーノード – デマンド監視を無線で簡単・低コストに

デマンド監視等を目的に、キュービクル内などに設置された発信装置付電力量計のサービスパルス(電流パルス)から電力量を計測する場合、従来は「パルスカウントノード」を使用していましたが、「パルスカウントノード」では電流パルスを直接計測できないため、電流パルスを電圧パルスに変換するための装置(パルス変換器もしくはパルス検出器)が必要でした。また、変換装置はバッテリー駆動ではなく、外部電源を用意する必要があるため、電源工事の煩わしさが伴いました。 このような課題に応えるため、「パルスカウントノード」の回路にパルス変換回路を組み込み、サービスパルスを直接計測できる「パルスピックセンサーノード」として新たに製品化いたしました。 特長 ワイヤレスで発信装置付電力量計(計量器)の電力量を計測可能発信装置付電力量計のサービスパルス(50,000パルス/kWh)に対応バッテリー駆動かつパルス変換装置内蔵のため、設置時に電源工事が不要CT(カレントトランスフォーマー)を使用して接続するため、取引計器のパルス回路に影響を与えないミスター省エネの無線センサーネットワークによる、イーサネットなどを介した遠隔での監視が可能920MHz帯無線を使用しているため、電波の到達距離が長く、障害物に強いミスター省エネの既存製品群と組み合わせて使用可能※本製品による「電力・デマンド監視」に加え、既存のセンサー(温度、湿度、照度、CO2、電力量ノード等)による「環境センシング」や、パルスカウント、Modbusノードによる「設備の監視・制御」などが可能です。

Modbus/RTUノード – Modbus機器を無線で制御

Modbusプロトコルを有する各種機器と接続。無線ネットワーク経由での空調機等の無線制御や、RS-485の無線化が可能になります。 特長 2通りのホストとの接続方法に対応Ethernetベースから制御する(ホストからはModbus/TCPで送受信)Modbusマスタから制御する (ホストからはModbus/RTUで送受信) 仕様

業界ニュース

IoT用途の効果検証に – ka-Shika

株式会社エヌエステックは、最低限の費用でIoT導入効果を測ることができるキット「ka-Shika(カシーカ)」を開発。センサー、IoTゲートウェイ、サーバーをすべてキッティングしており、購入後は遠隔でセンサーデータをモニターするなど、すぐにIoTの実証実験が可能です。 仕組み ka-Shika BT BLEセンサー標準キット ka-Shika EO EnOceanセンサー標準キット 温湿度センサー、CO2センサー等各種センサーを複数配置し、遠隔で監視することが可能。その他、大気圧センサー、照度センサー、人感センサーなど、様々なセンサーに対応しています。

パルスカウントノード – ガス、水道、電力等から出力されるパルスを検出

SW-4240 は電力センサ等のパルス出力をする機器に接続することで電力、水道、ガスなどのパルスデータをカウントできます。電池での長時間連続稼働が可能となり、電源のない場所でも設置できます。 特長 多様なメーターに対応 (電力、水道、ガス、その他汎用)バッテリー駆動で長寿命を実現(約10年)設置が自由な電池駆動かつワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入できます。カウント入力を2回路搭載マルチホップ・中継機能で広範囲通信が可能ルーター(中継器)を活用した広範囲通信や、複数ルートでの安定した通信を行うことができます。

パルスピックセンサーノード – デマンド監視を無線で簡単・低コストに

デマンド監視等を目的に、キュービクル内などに設置された発信装置付電力量計のサービスパルス(電流パルス)から電力量を計測する場合、従来は「パルスカウントノード」を使用していましたが、「パルスカウントノード」では電流パルスを直接計測できないため、電流パルスを電圧パルスに変換するための装置(パルス変換器もしくはパルス検出器)が必要でした。また、変換装置はバッテリー駆動ではなく、外部電源を用意する必要があるため、電源工事の煩わしさが伴いました。 このような課題に応えるため、「パルスカウントノード」の回路にパルス変換回路を組み込み、サービスパルスを直接計測できる「パルスピックセンサーノード」として新たに製品化いたしました。 特長 ワイヤレスで発信装置付電力量計(計量器)の電力量を計測可能発信装置付電力量計のサービスパルス(50,000パルス/kWh)に対応バッテリー駆動かつパルス変換装置内蔵のため、設置時に電源工事が不要CT(カレントトランスフォーマー)を使用して接続するため、取引計器のパルス回路に影響を与えないミスター省エネの無線センサーネットワークによる、イーサネットなどを介した遠隔での監視が可能920MHz帯無線を使用しているため、電波の到達距離が長く、障害物に強いミスター省エネの既存製品群と組み合わせて使用可能※本製品による「電力・デマンド監視」に加え、既存のセンサー(温度、湿度、照度、CO2、電力量ノード等)による「環境センシング」や、パルスカウント、Modbusノードによる「設備の監視・制御」などが可能です。

Modbus/RTUノード – Modbus機器を無線で制御

Modbusプロトコルを有する各種機器と接続。無線ネットワーク経由での空調機等の無線制御や、RS-485の無線化が可能になります。 特長 2通りのホストとの接続方法に対応Ethernetベースから制御する(ホストからはModbus/TCPで送受信)Modbusマスタから制御する (ホストからはModbus/RTUで送受信) 仕様