2020/07/11 1:13:45 午後
タグ 人感センサー

Tag: 人感センサー

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

マルチセンサーユニット – 1台で温度・湿度・加速度・人感を検知するSmartHop対応ユニット

本製品は「沖電気工業製920MHz帯マルチホップ無線(SmartHop)通信モジュール」「温湿度センサ」「加速度センサ」「人感センサ」を搭載したマルチセンサーユニットです。 従来のように、測定対象ごとに機器を用意せずとも、本製品があれば1台で温度・湿度・加速度・人感(人の動きの検知)を測定することができます。また、測定されたデータはSmartHopで収集可能なため、無線LAN(2.4GHz帯)の電波が直接届かないような場所でもご利用いただけます。ビルや工場におけるデータ収集、介護施設における見守りなどの用途に最適です。 仕様 名称マルチセンサーユニットメーカーアドバリーシステム型番ATM-MH920P(量産ケース収納タイプ)センシング温度/湿度/加速度/人感通信規格SmartHopIoTゲートウェイソフトウェア対応バージョンFW4.x : Ver. 4.0.0以上に対応FW3.x : Ver....

ヒューマンビジョンコンポ – “1人1人の位置”と”人数”を検出する

人数と位置を検出する事に特化した人感センサー。センシングアルゴリズムも内蔵しておりシステム構築も容易に実現します。 特長 "1人1人の位置"と"人数"を検出OKAO®Visionを活用し高精度を実現最大5mの高さ、7.2m×7.2mの検出エリア ※画像型人感センサ(HVC-F)のHVCはHuman Vision Components を表します。

在室検知センサー(外観:白) – 配線不要・電池交換不要の在室検知センサー

「センサの信頼性がソリューションの品質を高める。」世界から評価を受けたオプテックス・クオリティと信頼性をここに凝縮させています。 検知エリア内の人の動きを検知する焦電型(パッシブインフラレッド方式)の人感センサです。 ソーラーバッテリーと二次電池で動作し、信号も無線で送信(※)しますので、配線工事は不要です。 ※ エンオーシャン(EnOcean)は国際無線規格です。(ISO/IEC 14543.3.1x) 特長 配線不要、フリーレイアウトで自由度の高い設置間仕切りやガラス・壁などに貼り付けるだけで使用可能。エリア消去が容易検知エリアが広すぎる場合、テープ等を貼るだけで簡単にエリアをカットすることが出来ます。たとえば、会議室内にいる人(動く人)だけ検知させ、会議室前の廊下を歩く人は検知しないようにエリア消去が可能です。10年間電池交換不要電池交換の頻度が少なくてすむため、電池交換作業の人件費・システム再接続試験のコストが少なくてすみます。屋外でも使える防水性屋外用センサ世界トップシェアに裏打ちされた防水性能を搭載。サニタリー周りやテラスなど設置場所をえらびません。太陽光やネオン等でもほとんど誤検知しません一般的な人感センサ(焦電型センサ)は、太陽光、ネオン、車のヘッドライト等の外乱光で、人がいないのに「在」判定を出してしまうことがあります。CPI-Jはダブルコンダクティブフィルタを搭載しており、外乱光による誤検知を大幅に抑制出来ます。

存在検知センサー – デスクやテーブル下に設置して人を検出

「センサの信頼性がソリューションの品質を高める。」世界から評価を受けたオプテックス・クオリティと信頼性をここに凝縮させています。 オフィスや飲食店のデスク、テーブルの下に設置して在席判定する人感センサです。 焦電式(パッシブ式)センサでは検出しにくい1名席でも高確率で在席判定が可能です。 電池のみで動作し、信号も無線で送信(※)しますので、配線工事は不要です。 ※ エンオーシャン(EnOcean)は国際無線規格です。(ISO/IEC 14543.3.1x) 特長 パッシブサーマルセンシング新開発のパッシブサーマルセンシング方式により静止している人を継続的に検出可能。限定的なエリア エリアが限定されているため、座っている人だけを検出 (静止検知に対応)し、テーブル脇を歩く人を誤検出しません。5年間電池交換不要電池交換の頻度が少なくてすむため、電池交換作業の人件費・システム再接続試験のコストが少なくてすみます。簡単セットアップ両面テープで取り付けられて、ワンプッシュでペアリングと初期化設定ができます。

在室検知センサー(外観:黒) – 配線不要・電池交換不要の在室検知センサー

「センサの信頼性がソリューションの品質を高める。」世界から評価を受けたオプテックス・クオリティと信頼性をここに凝縮させています。 検知エリア内の人の動きを検知する焦電型(パッシブインフラレッド方式)の人感センサです。ソーラーバッテリーと二次電池で動作し、信号も無線で送信(※)しますので、配線工事は不要です。※ エンオーシャン(EnOcean)は国際無線規格です。(ISO/IEC 14543.3.1x) 特長 配線不要、フリーレイアウトで自由度の高い設置間仕切りやガラス・壁などに貼り付けるだけで使用可能。 エリア消去が容易検知エリアが広すぎる場合、テープ等を貼るだけで簡単にエリアをカットすることが出来ます。たとえば、会議室内にいる人(動く人)だけ検知させ、会議室前の廊下を歩く人は検知しないようにエリア消去が可能です。10年間電池交換不要電池交換の頻度が少なくてすむため、電池交換作業の人件費・システム再接続試験のコストが少なくてすみます。 屋外でも使える防水性屋外用センサ世界トップシェアに裏打ちされた防水性能を搭載。サニタリー周りやテラスなど設置場所をえらびません。 太陽光やネオン等でもほとんど誤検知しません一般的な人感センサ(焦電型センサ)は、太陽光、ネオン、車のヘッドライト等の外乱光で、人がいないのに「在」判定を出してしまうことがあります。CPI-Jはダブルコンダクティブフィルタを搭載しており、外乱光による誤検知を大幅に抑制出来ます。 天井に取り付けられた在室検知センサー...

アーミン928・人感センサー(壁) – 「環境発電」技術を用いた壁面取付型の人感センサー

電池交換を必要としないワイヤレス人感センサーですソーラーセルにより発電・蓄電したエネルギーを利用して動作しますエリア内に動体があれば「人感」と検知し、「人感」を一定時間検知しない時、「人感なし」と検知します検知結果と「センサー固有のID」を無線送信します 特長 簡単に設置できる!その後はメンテナンスフリーワイヤレスだから配線工事不要、簡単に取付けられます送信に必要な電力はソーラーセルで発電するから電池交換の時期・費用・手間を心配する必要がありません広い通信エリア特定小電力無線規格(920MHz帯)を採用することで屋外の見通し環境下にて150m以上のエリアをカバーします(※外的要因により本来の性能を発揮できない場合もあります。)テストモード搭載設置場所で、照度のレベル(5段階)と、人感センシングの範囲を容易に確認できます 仕様 名称 アーミン928・人感センサー(壁) 型番 ET9-OSW...

アーミン928・人感センサー(天井) – 「環境発電」技術を用いた天井取付型の人感センサー

電池交換を必要としないワイヤレス人感センサーですソーラーセルにより発電・蓄電したエネルギーを利用して動作しますエリア内に動体があれば「人感」と検知し、「人感」を一定時間検知しない時、「人感なし」と検知します検知結果と「センサー固有のID」を無線送信します 特長 簡単に設置できる!その後はメンテナンスフリーワイヤレスだから配線工事不要、簡単に取付けられます送信に必要な電力はソーラーセルで発電するから電池交換の時期・費用・手間を心配する必要がありません広い通信エリア特定小電力無線規格(920MHz帯)を採用することで屋外の見通し環境下にて150m以上のエリアをカバーします(※外的要因により本来の性能を発揮できない場合もあります。)テストモード搭載設置場所で、照度のレベル(5段階)と、人感センシングの範囲を容易に確認できます 仕様 名称 アーミン928・人感センサー(天井) 型番ET9-OSC 電源ソーラーセル ※補助バッテリーとしてCR2032電池を搭載可能動作環境室内利用(防水性能なし)温度:-10℃~+40℃/湿度:20~95% ※結露なきこと...

Society5.0の実現にむけたスマートハウスをIoT技術で構築 – 日立東大ラボ

社会課題解決と経済発展を両立する未来社会”Society 5.0”を実現する取り組みの中で、特に独居高齢者を想定した、センシングから見える化の先までも実現する次世代のスマートハウスの実現を目指している。スマートハウス構築の研究を進めるにあたり環境構築が急務であり、本番運用にもそのまま活用できることを目指した実験用模擬住宅を構築した。 仕組み 居住空間の温度や湿度のセンシングデバイス、ドアの開閉センサー、人感センサー等のデータをIoTゲートウェイで収集し、収集したデータはデータの蓄積・可視化が行えるオンプレミス型のサーバーを利用しており、インターネット環境が無い場所でも使える仕組みになっている。

エネルギー効率の最大化と快適性向上 – オムロン 野洲事業所

オムロン 野洲事業所では 人センシングを使用し、快適性を失わずにオフィス(6フロア、約75,000㎡)のエネルギー効率を最大化することに取り組んでおり、照明・空調の自動制御により30%のエネルギー使用量を削減することを目指しています。 仕組み 人感センサによる照明・空調の自動制御をSCADAとPLCによるオープンな中央監視システムで構築。ビルネットワーク用のBACnet/IPプロトコルを通じて各照明・空調機器を制御しています。 注: GW: ゲートウェイ

人気記事

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

おすすめ

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

業界ニュース

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様