2020/07/11 1:35:43 午後
タグ IoTゲートウェイソフト

Tag: IoTゲートウェイソフト

OpenBlocks IX9 – 各種制御システム、IoTエッジコンピューティング向けサーバー

IoTが普及し始め、広範囲で多様かつ膨大な数のデバイスがネットワークに接続され、得られるデータも日々増大し、AIや動画、エッジコンピューティング、制御システム用途、情報システム用途等、サーバーに求められる要件も複雑かつ高度化してきています。 「OpenBlocks IX9」 は、インフラ等の重要システムで長年使用されてきた「OpenBlocks」シリーズの技術をさらに進化させ、IoT導入・運用・保守の各ステージで威力を発揮するマイクロサーバーです。 高性能かつ汎用性と拡張性、互換性を備えたハードウェア よりパワフルで互換性の高いインテルCPUを採用

AirManage – 複数のIoTゲートウェイをリモートで一括管理・制御・拡張

AirManage 2はOpenBlocks IoTゲートウェイ*を遠隔管理・制御するSaaS方式のリモートマネジメントサービスです。 デバイスの管理者が遠隔地からセキュアに設定・監視・メンテナンスを行うだけでなく、新たなプログラム等のインストール等も実行でき、システムの設置・運用コスト削減、更なるシステム拡張を実現します。 *対応機種はこちら

Plat’Home IoT Gateway Software FW4 -プログラミングレスでIoTデバイスや各種クラウドに接続

IoTシステムでは様々なセンサーやデバイスなどの各種機器や、クラウドサービスとの接続が必要となりますが、それぞれに採用している通信規格やプロトコルが異なり、各種プログラミングを行わなければなりません。 Plat'Home IoT Gateway Software FW4は、それらの通信規格やプロトコルに対応し、コマンドラインではなくWeb UIによる視覚的操作で、かつプログラミングレスでの接続を実現したソフトウェアです。 堅牢で信頼性の高いDebian LinuxをOSに採用し、Web UIによるプログラミングレスでの各種センサーやクラウドとの接続を可能にするアプリケーション群、および各種開発ツールで構成されています。 IoTゲートウェイソフトウェアFW4...

OpenBlocks IoT VX2 – 堅牢・コンパクト・最先端のIoTゲートウェイ

筐体、CPU等のハードウェア性能、搭載ソフトウェア等、全てが最先端で、エッジコンピューティング等、様々な用途に使用することができるIoTゲートウェイです。 小型・ファンレス・堅牢な筐体設計 OpenBlocksシリーズの代名詞である超小型・超軽量・堅牢さを踏襲。筐体重量わずか約160gで壁面や天井等の空間への容易な設置が可能。さらに耐環境性能も向上し、様々な場所・用途での設置・運用が可能です。 高性能CPU・大容量ストレージ

OpenBlocks IoT BXシリーズ – 手のひらサイズのIoTマイクロサーバー

手のひらサイズで様々な場所への設置が可能なIoTマイクロサーバーです。 NTTドコモ4G LTE/3GおよびKDDI LTE網対応に対応し、地域BWA、WLAN 、BTの無線モジュールを標準搭載。様々なセンサー等とプログラミングレス接続を可能にする「Plat’Home IoT Gateway Software FW3」も搭載。また各種オプションケーブルを使用することでUSB、RS-232C、RS-485、GPIOなどのインターフェイスも利用可能です。 手のひらサイズの超小型IoTゲートウェイ 超小型フォームファクタ

OpenBlocks IoT EX1 – 多様なインターフェイスとノンプログラミング接続可能なIoTゲートウェイ

BTやWLANに加えセンサーや業務用機器などの機器と接続するためのRS-232C/RS-485や、有線インターネット接続のためのEthernet ポートなど多様なインターフェイスを標準搭載し、新たにIoTに必要である多様な機能を含むファームウェア「Plat’Home IoT Gateway Software FW3」も搭載、さらにLTE/3GやWi-SUN・EnOceanなどのモジュールも搭載可能です。 IoTエッジコンピューティングを強力に支援するFW3搭載 インテリジェントエッジを実現するPlat’Home IoT Gateway Software FW3は、視覚的に操作可能なWeb UIからセンサー・デバイス接続、...

人気記事

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

おすすめ

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様

業界ニュース

焼成炉の管理で現場作業の負担軽減 – 株式会社システムフォレスト/光洋電器工業株式会社

天草で採掘される良質な陶石の活用を目的として創業し、窯業として75年以上と長い歴史がある光洋電器工業株式会社は、創業以来昼夜の別なく稼働する焼成炉を管理するため3交代制での勤務体制を続けてきた。同社の働き方改革に向けた取り組みとして労働環境の改善、採用などの人事面の効果を図る為、焼成炉のIoT管理システムを導入した。 背景 碍子は磁気製品の為、成形した粘土を焼き固める焼成の工程は特に重要で、焼成炉の稼働状況を監視する為に、3交代制で担当者が工場に常駐する必要があり、稼働状況のチェック、制御盤に表示される炉内の空気やガスの発生量、温度といったデータを担当者が手書きでノートに写すという作業をこれまで続けてきた。焼成炉は24時間、夜間であっても稼働しているので、稼働状況をチェックするために、どうしても人を配置する必要があり、その為社員は定期的に夜勤をすることになるので、通常業務にも影響が及ぶ。こうした雇用環境を何とか改善したいという思いから、IoT導入に踏み切った。 仕組み 焼成炉の稼働状況を常時遠隔監視するためのシステムで、炉内の空気量やガスの発生状況、焼成温度などをデータ化しパソコン上に表示させる仕組み。ダッシュボード機能で、複数データをわかりやすく見やすいデザインで表示でき、全体を素早く把握することが可能。トラブル発生時にはアラームで知らせる仕組みを取り入れられ、人が24時間監視する必要もなくなる。

IoTシステムで養豚場の稼働状況を可視化 – 株式会社システムフォレスト/有限会社協同ファーム

養豚場内では、自動給餌器・スクレイパー方式の自動除糞装置などの故障・水道管の水漏れ・排水溝の詰まりなどが日常的に起こり、従業員はたびたび補修に追われる事があった。また夜間は無人になる為、トラブル発生時は半日近く、故障に気がつかずに放置されてしまう事もあり、また、故障場所は豚舎に行かないと確認できない為、遠隔でモニタリングできるシステムが必要となっていた。 そこで、クラウド型勤怠管理サービスを導入したものの、養豚場の各設備の管理・修理を行っている時間が、一日の約1/3にもなっていることがわかった。そこで、設備管理の省力化を図りながら、豚を見る時間を確保すべく、IoTを活用した次世代豚舎の実現に至った。 背景 養豚業界は、20-30年前と大きな違いはなく、未だに多くの作業が人手に頼る形で成り立っており、若者にも人気のない職場で長続きする人が少なく、常に人手不足に悩まされている。加えて、畜産業界はTPPやEPAなど海外市場との厳しい競争にさらされ、安い海外産の豚肉と競争する時代が目前に迫っており、大きな岐路に立っている状況。高品質な豚肉生産には、職場環境の改善、設備管理の効率化や省力化、生産管理の徹底、およびビジネスとしての収益を確保するために、IT や IoT といった先進的な設備投資が不可欠となっている。 仕組み

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー – 2つのセンサー機能を搭載

バッテリーレス BLE対応照度センサー&人感センサー「EMDCB」は、受動型赤外線(PIR)センサーを使用して人の動きを検知し、照度センサーにて照度を測定できるセンサーモジュールです。EMDCの主要パラメータは、内蔵NFCインタフェースを使用して設定できます。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要

バッテリーレスBLE対応マルチセンサー – ソーラーパネルと5種類のセンサーを搭載

バッテリーレスBLE対応マルチセンサーは、5種類のセンサーを搭載したBLE無線通信マルチセンサーです。マルチセンサーモジュール「STM 550B」を内蔵しています。内蔵センサーは温度、湿度、照度、振動、マグネットコンタクトセンサーです。ISO14443に準拠したNFCインターフェイス機能を有しており、これによりセンサーを個別に設定変更する事が可能です。ソーラーパネルを搭載している為、室内光程度の光量があれば電池交換不要で動作する事ができます。また、コイン電池を搭載可能の為、暗闇下でも長期間の動作が可能です。 特長 配線不要 自己発電、超低消費電力、無線技術の組み合わせにより配線が不要 電源不要 運動、光、温度といった環境エネルギーの利用により電源が不要 保守不要 配線や電源が不要になることで移設や交換といった作業が不要 仕様