2020/11/28 4:13:10 PM
タグ オフィス

Tag: オフィス

エネルギー効率の最大化と快適性向上 – オムロン 野洲事業所

オムロン 野洲事業所では 人センシングを使用し、快適性を失わずにオフィス(6フロア、約75,000㎡)のエネルギー効率を最大化することに取り組んでおり、照明・空調の自動制御により30%のエネルギー使用量を削減することを目指しています。 仕組み 人感センサによる照明・空調の自動制御をSCADAとPLCによるオープンな中央監視システムで構築。ビルネットワーク用のBACnet/IPプロトコルを通じて各照明・空調機器を制御しています。 注: GW: ゲートウェイ

会議室使用状況の見える化 – IT企業

会議室の予約を入れたにもかかわらず使わない予約不使者が多く、空き会議室を探す作業で手間がかかっていた。これらをシステムで改善を行う事で会議室の利用率を50%から80%へ向上させ、さらに経費の無駄の見える化を実現。 会議室の見える化を行った際の効果 仕組み 人感センサによる照明・空調の快適自動制御をSCADAとPLCによるオープンな中央監視システムを構築。ビルネットワーク用のBACnet/IPプロトコルを通じて各機器を制御しています。

ビル内施設の混雑度をサイネージで見える化 – 都内某所ビル

都内某所ビル内の各施設(喫煙所・エレベーターホール・食堂・店舗等)は時間帯によって混雑しており、利用者が利用したいときに利用できない事が頻繁に起こっていました。これを人感センサーで可視化し、デジタルサイネージに各混雑状況をリアルタイムで表示することで、利用者が混雑している時間帯を避けて利用したり、エレベータを制御するなど、利便性が向上しました。 仕組み 各施設に人数をカウントできるタイプの人感センサーを設置し、クラウド上にデータを蓄積、クラウドからサイネージに対して混雑状況を表示しています。

社内設備の所在管理をIoTで実現 – 大日本印刷

情報配信・ナビゲーション・データ収集などに活用されているDNPの位置情報サービスを、動くモノのデータ収集を伴う社内共有設備の管理にも利用できるように、BLEビーコンとIoTゲートウェイを用いたIoTシステムを導入した。 仕組み 社内会議室フロアにあるプロジェクターやノートパソコンなどの共有設備にBLEビーコンを取り付け、各会議室にはBLEビーコンの受信器を設置することで、モノの所在や利用状況を管理している。その結果、備品を探す必要が生じたときに、どのフロアに何があるかがすぐに分かるようになり、探す手間が大幅に削減された。 BLEビーコンが取付けられた貸出用プロジェクター

会議の生産性向上に応えるIoTソリューション – テプコシステムズ

会議室の予約が入っているにも関わらず会議室が使われておらず、本当に使いたい人が使えないという会議室不足に陥り、会議室の利用率の低下という課題があり、IoT技術で会議室の利用効率を向上を行った。 仕組み 複数の会議室にメンテナンスの負担が少ないEnOcean※規格に準拠した人感センサーを利用。IoTゲートウェイで人感センサーから人の在不在のデータを集約し、クラウドへ送信。クラウド上でデータの蓄積・可視化・分析をすることで導入から2ヵ月で会議室の実稼働率が約10%向上した。

人気記事

玉露茶栽培で新たな発見、データの持つ説得力を実感 – 株式会社システムフォレスト/福岡県農林業総合試験場八女分場

「経験や勘に頼るこれまでのやり方では、古くから伝わってきた玉露づくりの技術が途絶えてしまう」。将来の茶栽培に危機感を募らせていた八女茶生産者と、茶葉の栽培・加工などの試験研究を行う福岡県農林業総合試験場八女分場は2018年10月、カメラや温度センサーなどのIT 機器を活用した茶葉の栽培技術の確立を目的に「八女伝統本玉露IoT システム開発・実証事業」をスタートした。 背景 八女伝統本玉露は、茶園に設置した稲わらで太陽の光を調整する「覆下栽培」を行うなど、味と品質を最高に保つため、今でも手間を惜しまずに伝統的な生産方法を守り続け製造されている玉露。全国茶品評会では、5年連続で農林水産大臣賞と18年連続で産地賞を獲得するなど、高品質な玉露生産に力を注いできた。しかし、今までのような経験則を主体とした技術の伝承では、技術を習得するまでにとても時間がかかります。生産者の高齢化や、深刻な後継者不足の問題を抱える地元の実情を考えると、このままでは優れた伝統技術も、十分に伝えることができなくなると不安を感じていた。それだけに、データを基にしたマニュアル化された栽培技術の確立が急務となっており、経験の浅い若手の生産者にも分かりやすく、短期間で効率的に技術を伝える方法として、IoTを活用した実証実験をはじめた。

電照菊栽培管理の利便性が向上 – 秋田県農業試験場/カマルク特定技術研究所株式会社

カマルク特定技術研究所株式会社は、秋田県園芸メガ団地花きスマート農業実証コンソーシアムの秋田県農業試験場にて実施されている「先端技術の導入による計画的安定出荷に対応した露地小ギク大規模生産体系の実証」向けに、電照菊のLED電球点灯の制御状況や栽培育成環境の計測管理をEnOcean無線通信で実現するクラウドサービスの開発に成功しました。 背景 菊は日本の代表的な花(国花)で、主に葬祭や法事など1年間を通して広く使われています。しかし、菊はもともと短日植物で、日長時間(昼の長さ)がある一定よりも短くなると花を咲かせる性質を持っています。その為、電照菊栽培では、夜間に栽培圃場内をLED電球等で電照し人工的に日長時間を調節することで、人為的に花の咲く時期をコントロールし、祭事で使用するタイミングに合わせて咲かせていました。生産者の負担を考慮すると、自宅や出掛け先といった遠隔から「正確・リアルタイム・簡単」に圃場と栽培状態を「見える・知る」機能が必要であり、IoT技術の導入が求められています。 仕組み 電照菊は路地圃場で栽培されており、降雨や風といった自然環境の影響もある為、それに耐えうる環境性能とセンシング用の配線のしやすさが重要で、かつ圃場と栽培状態を「正確・リアルタイム・簡単」に「見える・知る」ことができる機能が必要でした。 そこで、電照に使用する耐候性LED電球の電流変化を検知する機構に「電源不要・配線不要」のEnOcean電流センサを採用、栽培環境の計測にも同様にEnOceanセンサを採用することにより、全てのセンシングをEnOceanセンサに集約。

モータ状態監視機器 – 三相インダクションモータの状態を数値化

K6CM電流総合診断タイプならモータだけでなくモータの先にあるファンなども含めて監視できます。状態を劣化度として数値化し、しきい値を設定することで異常を判定しお知らせします。メンテナンス時期の判断などに役立ちます。 特長 負荷の異常も検知負荷に異常が発生した場合、その影響によりモータの電流波形に変化が生じるので、負荷の異常が検出可能です。2種類のアルゴリズムで劣化度1と劣化度2を演算し、複合的に異常を監視【劣化度1】サンプリング周期の間に取得した電流波形データ全体に対して、理想の状態である滑らかなサイン波からの乖離度を数値化するため、モータの軸に不規則な影響を与える異常の監視に向いています。【劣化度2】モータの回転軸に影響する周波数成分の内、特定の周波数成分を顕著に捉えて数値化するため、定期的に発生する異常監視に向いています。特にインバータノイズなどがある環境でも、感度良く異常を検出できます。 仕様

温度状態監視機器 – 盤内機器の温度状態を遠隔監視

保全員の人手不足などで高まる、盤内機器故障での重大事故や設備停止リスク。オムロンでは、IoTを活用した常時温度監視により、人に依存することなく、工場内のあらゆる盤を見守る、新しい保全のカタチをご提案します。 特長 スキルレス独自アルゴリズムにより、誰でも容易に異常発生に気づけ、熟練者に依存しない保全が可能予知保全将来の温度変化を予測でき、早期に異常傾向を発見、計画的な保全が可能に省人化・点検工数削減温度状態を遠隔から常時監視でき、現場対応は異常発生時のみでOK 仕様

おすすめ

玉露茶栽培で新たな発見、データの持つ説得力を実感 – 株式会社システムフォレスト/福岡県農林業総合試験場八女分場

「経験や勘に頼るこれまでのやり方では、古くから伝わってきた玉露づくりの技術が途絶えてしまう」。将来の茶栽培に危機感を募らせていた八女茶生産者と、茶葉の栽培・加工などの試験研究を行う福岡県農林業総合試験場八女分場は2018年10月、カメラや温度センサーなどのIT 機器を活用した茶葉の栽培技術の確立を目的に「八女伝統本玉露IoT システム開発・実証事業」をスタートした。 背景 八女伝統本玉露は、茶園に設置した稲わらで太陽の光を調整する「覆下栽培」を行うなど、味と品質を最高に保つため、今でも手間を惜しまずに伝統的な生産方法を守り続け製造されている玉露。全国茶品評会では、5年連続で農林水産大臣賞と18年連続で産地賞を獲得するなど、高品質な玉露生産に力を注いできた。しかし、今までのような経験則を主体とした技術の伝承では、技術を習得するまでにとても時間がかかります。生産者の高齢化や、深刻な後継者不足の問題を抱える地元の実情を考えると、このままでは優れた伝統技術も、十分に伝えることができなくなると不安を感じていた。それだけに、データを基にしたマニュアル化された栽培技術の確立が急務となっており、経験の浅い若手の生産者にも分かりやすく、短期間で効率的に技術を伝える方法として、IoTを活用した実証実験をはじめた。

電照菊栽培管理の利便性が向上 – 秋田県農業試験場/カマルク特定技術研究所株式会社

カマルク特定技術研究所株式会社は、秋田県園芸メガ団地花きスマート農業実証コンソーシアムの秋田県農業試験場にて実施されている「先端技術の導入による計画的安定出荷に対応した露地小ギク大規模生産体系の実証」向けに、電照菊のLED電球点灯の制御状況や栽培育成環境の計測管理をEnOcean無線通信で実現するクラウドサービスの開発に成功しました。 背景 菊は日本の代表的な花(国花)で、主に葬祭や法事など1年間を通して広く使われています。しかし、菊はもともと短日植物で、日長時間(昼の長さ)がある一定よりも短くなると花を咲かせる性質を持っています。その為、電照菊栽培では、夜間に栽培圃場内をLED電球等で電照し人工的に日長時間を調節することで、人為的に花の咲く時期をコントロールし、祭事で使用するタイミングに合わせて咲かせていました。生産者の負担を考慮すると、自宅や出掛け先といった遠隔から「正確・リアルタイム・簡単」に圃場と栽培状態を「見える・知る」機能が必要であり、IoT技術の導入が求められています。 仕組み 電照菊は路地圃場で栽培されており、降雨や風といった自然環境の影響もある為、それに耐えうる環境性能とセンシング用の配線のしやすさが重要で、かつ圃場と栽培状態を「正確・リアルタイム・簡単」に「見える・知る」ことができる機能が必要でした。 そこで、電照に使用する耐候性LED電球の電流変化を検知する機構に「電源不要・配線不要」のEnOcean電流センサを採用、栽培環境の計測にも同様にEnOceanセンサを採用することにより、全てのセンシングをEnOceanセンサに集約。

モータ状態監視機器 – 三相インダクションモータの状態を数値化

K6CM電流総合診断タイプならモータだけでなくモータの先にあるファンなども含めて監視できます。状態を劣化度として数値化し、しきい値を設定することで異常を判定しお知らせします。メンテナンス時期の判断などに役立ちます。 特長 負荷の異常も検知負荷に異常が発生した場合、その影響によりモータの電流波形に変化が生じるので、負荷の異常が検出可能です。2種類のアルゴリズムで劣化度1と劣化度2を演算し、複合的に異常を監視【劣化度1】サンプリング周期の間に取得した電流波形データ全体に対して、理想の状態である滑らかなサイン波からの乖離度を数値化するため、モータの軸に不規則な影響を与える異常の監視に向いています。【劣化度2】モータの回転軸に影響する周波数成分の内、特定の周波数成分を顕著に捉えて数値化するため、定期的に発生する異常監視に向いています。特にインバータノイズなどがある環境でも、感度良く異常を検出できます。 仕様

温度状態監視機器 – 盤内機器の温度状態を遠隔監視

保全員の人手不足などで高まる、盤内機器故障での重大事故や設備停止リスク。オムロンでは、IoTを活用した常時温度監視により、人に依存することなく、工場内のあらゆる盤を見守る、新しい保全のカタチをご提案します。 特長 スキルレス独自アルゴリズムにより、誰でも容易に異常発生に気づけ、熟練者に依存しない保全が可能予知保全将来の温度変化を予測でき、早期に異常傾向を発見、計画的な保全が可能に省人化・点検工数削減温度状態を遠隔から常時監視でき、現場対応は異常発生時のみでOK 仕様

業界ニュース

玉露茶栽培で新たな発見、データの持つ説得力を実感 – 株式会社システムフォレスト/福岡県農林業総合試験場八女分場

「経験や勘に頼るこれまでのやり方では、古くから伝わってきた玉露づくりの技術が途絶えてしまう」。将来の茶栽培に危機感を募らせていた八女茶生産者と、茶葉の栽培・加工などの試験研究を行う福岡県農林業総合試験場八女分場は2018年10月、カメラや温度センサーなどのIT 機器を活用した茶葉の栽培技術の確立を目的に「八女伝統本玉露IoT システム開発・実証事業」をスタートした。 背景 八女伝統本玉露は、茶園に設置した稲わらで太陽の光を調整する「覆下栽培」を行うなど、味と品質を最高に保つため、今でも手間を惜しまずに伝統的な生産方法を守り続け製造されている玉露。全国茶品評会では、5年連続で農林水産大臣賞と18年連続で産地賞を獲得するなど、高品質な玉露生産に力を注いできた。しかし、今までのような経験則を主体とした技術の伝承では、技術を習得するまでにとても時間がかかります。生産者の高齢化や、深刻な後継者不足の問題を抱える地元の実情を考えると、このままでは優れた伝統技術も、十分に伝えることができなくなると不安を感じていた。それだけに、データを基にしたマニュアル化された栽培技術の確立が急務となっており、経験の浅い若手の生産者にも分かりやすく、短期間で効率的に技術を伝える方法として、IoTを活用した実証実験をはじめた。

電照菊栽培管理の利便性が向上 – 秋田県農業試験場/カマルク特定技術研究所株式会社

カマルク特定技術研究所株式会社は、秋田県園芸メガ団地花きスマート農業実証コンソーシアムの秋田県農業試験場にて実施されている「先端技術の導入による計画的安定出荷に対応した露地小ギク大規模生産体系の実証」向けに、電照菊のLED電球点灯の制御状況や栽培育成環境の計測管理をEnOcean無線通信で実現するクラウドサービスの開発に成功しました。 背景 菊は日本の代表的な花(国花)で、主に葬祭や法事など1年間を通して広く使われています。しかし、菊はもともと短日植物で、日長時間(昼の長さ)がある一定よりも短くなると花を咲かせる性質を持っています。その為、電照菊栽培では、夜間に栽培圃場内をLED電球等で電照し人工的に日長時間を調節することで、人為的に花の咲く時期をコントロールし、祭事で使用するタイミングに合わせて咲かせていました。生産者の負担を考慮すると、自宅や出掛け先といった遠隔から「正確・リアルタイム・簡単」に圃場と栽培状態を「見える・知る」機能が必要であり、IoT技術の導入が求められています。 仕組み 電照菊は路地圃場で栽培されており、降雨や風といった自然環境の影響もある為、それに耐えうる環境性能とセンシング用の配線のしやすさが重要で、かつ圃場と栽培状態を「正確・リアルタイム・簡単」に「見える・知る」ことができる機能が必要でした。 そこで、電照に使用する耐候性LED電球の電流変化を検知する機構に「電源不要・配線不要」のEnOcean電流センサを採用、栽培環境の計測にも同様にEnOceanセンサを採用することにより、全てのセンシングをEnOceanセンサに集約。

モータ状態監視機器 – 三相インダクションモータの状態を数値化

K6CM電流総合診断タイプならモータだけでなくモータの先にあるファンなども含めて監視できます。状態を劣化度として数値化し、しきい値を設定することで異常を判定しお知らせします。メンテナンス時期の判断などに役立ちます。 特長 負荷の異常も検知負荷に異常が発生した場合、その影響によりモータの電流波形に変化が生じるので、負荷の異常が検出可能です。2種類のアルゴリズムで劣化度1と劣化度2を演算し、複合的に異常を監視【劣化度1】サンプリング周期の間に取得した電流波形データ全体に対して、理想の状態である滑らかなサイン波からの乖離度を数値化するため、モータの軸に不規則な影響を与える異常の監視に向いています。【劣化度2】モータの回転軸に影響する周波数成分の内、特定の周波数成分を顕著に捉えて数値化するため、定期的に発生する異常監視に向いています。特にインバータノイズなどがある環境でも、感度良く異常を検出できます。 仕様

温度状態監視機器 – 盤内機器の温度状態を遠隔監視

保全員の人手不足などで高まる、盤内機器故障での重大事故や設備停止リスク。オムロンでは、IoTを活用した常時温度監視により、人に依存することなく、工場内のあらゆる盤を見守る、新しい保全のカタチをご提案します。 特長 スキルレス独自アルゴリズムにより、誰でも容易に異常発生に気づけ、熟練者に依存しない保全が可能予知保全将来の温度変化を予測でき、早期に異常傾向を発見、計画的な保全が可能に省人化・点検工数削減温度状態を遠隔から常時監視でき、現場対応は異常発生時のみでOK 仕様