2020/07/15 12:13:03 午後
ホーム メーカー別 パナソニック 温湿度センサ - 省エネ、快適空間をより簡単に実現

温湿度センサ – 省エネ、快適空間をより簡単に実現

パナソニック

  • 簡単設置:通信経路は自動で選択されるので設定時間の短縮ができます。
  • 安定通信:920MHz帯無線通信により、安定した無線通信を可能にします。
  • 見える化: 空調の制御だけを行うと場所によって温度のバラつきが出てしまい、不快な環境となることがありますが、ECOnectは実際の温湿度や照度を計測することで最適な環境づくりに貢献します。
    電力との相関も、無償の見える化ソフト「KW Watcher」で簡単に把握できます。
    昼休みや夜間などの不要な空調や照明を改善することにもつながり、お得に省エネを実現します。

仕様

■本体仕様

名称温湿度センサ
型番UENRST101
定格電圧3V DC[リチウム電池(CR123A)を1個使用]
電池寿命
(+25℃にて)(注1)
10年(送信間隔10分)
使用周囲温度-10~+60℃
保存周囲温度-20~+70℃
使用周囲湿度 30~85%RH(+25℃にて)結露なきこと
保存周囲湿度30~85%RH(+25℃にて)結露なきこと
耐振動 10~55Hz 1掃引/1分間、複振幅0.75mm
X、Y、Z 各方向 10分間
耐衝撃98m/s2以上 X、Y、Z 各方向4回
耐輻射ノイズ性1000Vp-p パルス幅50ns、1μs(ノイズシミュレータ法による)
本体質量 約100g(電池含む)、約80g(電池除く)
防水性能なし
IoTゲートウェイソフトウェア
対応バージョン
FW4.x : Ver. 4.0.0以上に対応
FW3.x : Ver. 3.0.0以上に対応
FW2.x : Ver. 2.1.2以上に対応

920MHz無線ユニットが別途必要になります。

(注1): 電波環境が良好な場合です。送信間隔が短い場合や常温以外で使用した場合、電池寿命が短くなります。測定間隔1秒は照度センサのみの機能で、送信間隔の設定スイッチを0~7に選択した場合に測定間隔が1秒になります。

■機能仕様

項目仕様
種別温湿度センサ内蔵
測定種別温度・湿度
測定間隔送信間隔毎
測定数各1
測定範囲温度: -10~+60℃
湿度: 10~90%RH(注1)
測定精度温度: ±1.0℃(-10~+5℃)
   ±0.5℃(+5~+60℃)
湿度: ±5%RH(+25℃、60%RHにて)
分解能温度: 0.1℃
湿度: 1%RH
湿度センサ経年変化湿度: ±0.5%RH/年の変化

(注1): 温度がマイナスの場合、湿度は正しい値を示しません。

■無線仕様

項目仕様
無線規格IEEE802.15.4g準拠 
ARIB STD-T108準拠
通信距離約200m(見通しの良い直線距離にて)
電波出力最大20mW
使用周波数922.3~928.1MHz
グループ数0001~00FFまで選択可能(255グループ)(注1)
チャネル数14チャネル(ENR1無線環境ユニットの奇数チャネルのみ)
占有帯域幅400kHz(2チャネル分)(注2)
同一通信エリア内
チャネル設定数
推奨 5チャネル(注3)
(連続送信時の電波干渉の影響を避ける条件)
無線通信速度100kbps
通信形態メッシュ(無線環境ユニット子機を含めて最大100台接続(注4))
中継機能なし

(注1): 無線環境センサでは上位2桁は「00」固定です。下位2桁を01からFFまでを本体のスイッチで設定します。ENR1無線環境ユニットでは上位2桁は「00」に固定して0001から00FFまでを選択してください。
(注2): チャネル割当は単位占有帯域幅200kHzの2チャネル分を使用し、400kHz幅としています。複数チャネルを使用する場合は、隣り合うチャネルの使用を避けてください。
(注3): 同一通信エリア内で連続送信を行なう場合、相互変調干渉のため混信が発生する恐れがあります。その現象を避けるための推奨チャネル数です。
(注4): ENR1無線環境ユニット子機を含むトータル台数です。各無線環境ユニットに対して最大15台の無線環境ユニットと最大10台の無線環境センサの接続が可能です。したがって、親機1台に対して、最大91台の無線環境センサが可能になります。(無線環境ユニット子機9台を接続した場合)

■設定仕様

項目仕様
グループ255グループ[01(h)~FF(h)]
局番01(h)~63(h)(MEWTOCOL)
01(h)~F7(h)[MODBUS(RTU)](注1)
通信チャンネル0(h)~D(h)
送信間隔10, 20, 30秒
1, 5, 10, 20, 30分(注2)
シリアル通信プロトコル
シリアル通信設定

(注1): 局番数は、親機で設定した通信プロトコルに依存します。
(注2): 送信間隔はデータ衝突防止のために約5%の範囲で送信時間を変動させています。
照度センサに関しては、送信間隔の設定スイッチを0~7にしますと、前回の計測から30%の変化があると送信間隔とは別に自動送信します。(100 ℓx以下を除く)

■電池の接続と交換について
<電池の接続>
電池は市販のCR123Aを使用し、極性を間違えないように入れてください。
<電池の交換>
電池残量が少なくなると、LED(ALARM.)が点滅します。
この状態になりましたら、新しい電池に交換してください。
取り外した電池はご使用の地域(自治体)の指示に従って廃棄してください。
廃棄時は電池の端子部にテープなどを巻きつけて絶縁してください。

人気記事

ヒューマンビジョンコンポ – “1人1人の位置”と”人数”を検出する

人数と位置を検出する事に特化した人感センサー。センシングアルゴリズムも内蔵しておりシステム構築も容易に実現します。 特長 "1人1人の位置"と"人数"を検出OKAO®Visionを活用し高精度を実現最大5mの高さ、7.2m×7.2mの検出エリア ※画像型人感センサ(HVC-F)のHVCはHuman Vision Components を表します。

人感ノード – 人を検知する

SW-4240 は焦電型赤外線センサを搭載し、人の動きを検知します。人体検知データを空調制御に活用することによって効率的な省エネを実現できます。電源は大型のリチウム電池を使用していますので、電池寿命は約 10 年です。 特長 内蔵する焦電型赤外線センサーで人を検知し検出回数をホストへ送信します。電池駆動なので、電源がない場所でも設置ができます。センサーの検出距離は5m。人感データを空調制御へ活用すれば効率的な省エネを実現できます。

温湿度センサ – 省エネ、快適空間をより簡単に実現

簡単設置:通信経路は自動で選択されるので設定時間の短縮ができます。安定通信:920MHz帯無線通信により、安定した無線通信を可能にします。見える化: 空調の制御だけを行うと場所によって温度のバラつきが出てしまい、不快な環境となることがありますが、ECOnectは実際の温湿度や照度を計測することで最適な環境づくりに貢献します。電力との相関も、無償の見える化ソフト「KW Watcher」で簡単に把握できます。昼休みや夜間などの不要な空調や照明を改善することにもつながり、お得に省エネを実現します。 仕様 ■本体仕様 名称温湿度センサ 型番UENRST101定格電圧3V DC 電池寿命(+25℃にて)(注1) 10年(送信間隔10分)使用周囲温度-10~+60℃保存周囲温度-20~+70℃使用周囲湿度 30~85%RH(+25℃にて)結露なきこと保存周囲湿度30~85%RH(+25℃にて)結露なきこと耐振動 ...

CLEAN-Boost®実験キット – 水分や土壌で発電するビーコン

水分や土壌で発電するBLEビーコン CLEAN-Boost® 実験キットは、 環境発電(エナジーハーベスト)を体験できる製品です。 無線タグモジュールに接続したセンサで環境エネルギーを集めると、無線タグモジュールがBLEのBeacon信号を送信します。 教材、趣味、研究など、幅広い用途でご利用いただけます。 特長 水分発電センサについて 2種類の金属のイオン化の差を利用し、電池を使わず水分を検出するセンサを実現できます。 濡れる面積や水溶液の電気伝導度によって発電量が変化するため、それらの測定も可能です。発電菌土壌センサについて土壌に生息する発電菌を利用し、間欠的にBLEのBeacon信号の送信が可能です。 発電量をモニターすることで土壌の生物多様度を推し量るマーカーとして利用できる可能性があります。

特集記事

高額医療機器の所在管理 – 医療機関

医療機関において、心電計や吸入器などの高額医療機器は移動式のものが多く、様々な場所で使われるため、使いたいときにどこにあるかがわからないといった課題が、医療機器を管理されている部門で発生していた。IoT技術を使い、どの医療機器がいまどこにあるかが即座にわかる仕組みを作り改善した。 仕組み 病棟のエレベータフロアや廊下など、人や物の移動ルートの分岐先(出入口)に受信機(IoTゲートウェイ)を設置し、BLEビーコンの受信網を構築。心電計、呼吸器などの高額医療機器には、屋内の照明光で発電してBLEビーコンを発信する電池レスの”PB10-B”を装着。ビーコン電波を何時、どの受信機で受信したかをサーバー側で管理する仕組み。“PB10-B”は病院内の照明で発電したエネルギーを使いBLE信号が発信できるため、電池交換の心配もなく各機器の所在管理が出来ることが評価されている。構築されている受信網はモノだけではなく、人の位置情報システムにも利用できる。今後の拡張として医者、看護師、事務員などの病院スタッフや、患者さんの位置情報管理への応用を提案している。人の場合は歩行時の体の振動で発電してBLEビーコンを発信する電池レスの”EB10-B"が利用できる。こちらも電池交換の心配をする必要のないシステムとなる。 使用機器

児童の登下校をセキュアに見守り – 光和ネットサービス

仕事や家庭の事情などで児童の通学時に送り迎えができない場合、登下校の状況が分からず、帰宅時間が遅い時などは心配が募っていたが、児童のランドセルに取り付けた電池レスビーコンの電波を受信するシステムを導入することで、児童が学校に着いたのか?学校を出たのか?分かるようになったので不安が解消された。 仕組み ランドセルに取り付けられた電池レスビーコンは、歩行時の振動で発電したエネルギーを使って、暗号化したBLE信号を発信している。校門などに取り付けられた受信機(IoTゲートウェイ)の近くを通ることで、その信号がキャッチされ、登録された保護者に校門通過メールが通知される。 BLEビーコンを使った児童見守りシステムは他社からも展開されているが、本システムの特徴は以下の差別化機能を持たせたことにある。①振動発電型電池レスビーコンを採用コイン電池を採用した一般的な電池ビーコンの場合は6~12ヶ月程度で電池交換をする必要があるが、ランドセルの横に取付けた振動発電型電池レスビーコンは、歩行時の振動で揺れることによって発電してBLE信号を発信する。電池交換を気にする必要がない。②信号が毎回変化するセキュア機能を採用iBeacon方式のBLE信号は、フリーで公開されているスマホアプリでもUUID/Major/Minorなどの電波の中味を読み取ることができるので、BLEビーコンの持ち主を特定することができる。これは児童の見守用途で使っているBLEビーコンが、真逆のストーカー用便利ツールにもなってしまう可能性を持っていることを意味している。そこで、電池レスビーコンに暗号化技術を組込み、毎回異なったBLE信号を発信する機能を加えた。これにより、仮に電波を傍受されてもBLEビーコンの特定が困難になる為、ストーカーによる被害を受け難いシステムになった。

920MHz無線ユニット RS-485タイプ(親機) – マルチホップセンサーネットワークを構築

電波到達性の高い920MHz帯無線により、センサーネットワークをフレキシブルに構築できます。有線センサーネットワークの全て/一部をそのまま無線化できる無線ユニットと、さまざまな種類・ベンダーのセンサーや機器に組み込みが可能な無線通信モジュールの2タイプをご用意しています。 特長 つながりやすい920MHz帯無線通信の信頼性を向上設置・運用を容易にする機能が充実 仕様 名称 920MHz無線ユニット(親機)RS-485タイプ 型番 MH920-Node-485<M><1> ...

CO2センサノード – 二酸化炭素濃度を計測する

CO2センサノード「SW-4230-1000」は、内蔵するセンサーでオフィスビルなどのCO2濃度を測定し、見える化が可能な無線センサーノードです。CO2濃度データをもとに空調設備の制御を行うことで、効率的な省エネが可能となります。 特長 CO2センサーを内蔵。計測データを無線ネットワークでホストに送信ワイヤレスなので、有線ネットワークに比べて簡単・低コストで導入可能測定環境のCO2濃度に関わらず1日1回自動補正(NDIR方式)を行うため、メンテナンスの手間を低減設置する高度を入力する事により、設置高度の補正が可能(1~1,500m)※NDIR方式の場合、高度(気圧)により誤差を生じます。Modbus機器の制御や他センサーとの連携ミスター省エネシリーズの他センサー(電力、CO2など)と併用することで、データの相関関係が閲覧可能。また、Modbusノードとの連携で、空調機などの無線制御が可能 仕様

IoTで牛の傷病兆候を検知 – 光和ネットサービス

牛の健康管理をするうえで大事な要素は反芻を監視するのが効果的で、一般的に牛は1日に6~10時間程度の反芻を行っているが、発情期や体調変化の前兆として反芻時間に極端な変化が現れる。特に出産前後二ヶ月は親牛の事故が多く、体調の変化によって出産ができなかったり、病気にかかってまうことが多いため、体調変化の前兆をいちはやく知る必要があり、IoT技術で牛の傷病管理ソリューションを構築した。 仕組み 牛の顎に振動発電ビーコンを取り付けることで、採食や反芻行動の際の顎の上下運動によってビーコン自身で発電を行い、電波を発する仕組みとなっている。また、ビーコン電波の受信機にIoTゲートウェイを設置し、そこからクラウドへデータを転送。担当者はタブレットやスマートフォンなどで牛の健康状態をリアルタイムで把握できるようになっている。

電力インフラで点検・巡視等の業務にIoT技術を活用 – 中部電力

高経年化した電柱等、設備の効率的な維持管理や、再生可能エネルギーの普及による電力の需給構造等、事業環境の変化に伴う課題があり、ICT/IoT技術や汎用機器を用いて、機器の稼働状態を常時監視し、点検業務の省力化を図る等、業務効率化・高度化を行った。 仕組み 従来、電柱にロガーを設置し、SDカードを作業員が持ち帰り、データ分析を行っていたが、電柱にIoTゲートウェイを設置し、クラウドにデータを集約、ゲートウェイをリモート管理することにより、効率化・高度化が実現。訪問コストの大幅な削減が実現。 電柱に設置されたIoTゲートウェイ

Society5.0の実現にむけたスマートハウスをIoT技術で構築 – 日立東大ラボ

社会課題解決と経済発展を両立する未来社会”Society 5.0”を実現する取り組みの中で、特に独居高齢者を想定した、センシングから見える化の先までも実現する次世代のスマートハウスの実現を目指している。スマートハウス構築の研究を進めるにあたり環境構築が急務であり、本番運用にもそのまま活用できることを目指した実験用模擬住宅を構築した。 仕組み 居住空間の温度や湿度のセンシングデバイス、ドアの開閉センサー、人感センサー等のデータをIoTゲートウェイで収集し、収集したデータはデータの蓄積・可視化が行えるオンプレミス型のサーバーを利用しており、インターネット環境が無い場所でも使える仕組みになっている。

街中の子どもや高齢者の見守りを実現するサービスを提供 – 阪神電気鉄道・アイテック阪急阪神

児童や生徒が被害者となる事件や、認知症高齢者の徘徊問題などが全国各地で増加しており、BLEビーコンの技術を通して子どもや高齢者の所在を常に把握することで、犯罪及び事故に遭遇するのを未然に防ぐための地域ぐるみの見守り体制を構築した。 仕組み 子どもや高齢者などの対象者にビーコンを身に付けてもらい、ビーコンが発する電波を、伊丹市内の電柱に設置されたビーコンの受信器がキャッチし、対象者がどの時間にどの場所付近にいたかを保護者が把握する事が出来るようになった。